title_新着.png

【新型コロナウイルス】◆前処理自動化システムによるPCR検査◆ 2022年7月開始

〜⼈協働ロボットを⽤いた独⾃の前処理⾃動化システムをPCR検査に導⼊〜

PCR検査において感染リスクが伴う⼯程を⾃動化することで検査者を感染リスクから守り、作業負担を軽減します。クロス汚染の回避、トレーサビリティ確保にも配慮したシステムです。

⼈協働ロボットを⽤いた独⾃の前処理⾃動化システムを導⼊し、本システムによる新型コロナウイルスPCR検査を7⽉から開始いたします。

今回導⼊するシステムは、検査者を感染リスクから守り作業負担を軽減することを⽬的に、衛⽣検査所としてPCR検査を受託しているMSTが企画・考案しました。

ヤマト科学株式会社に設計・製作を委託し、株式会社デンソーウェーブ社製⼈協働ロボットCOBOTTA®を⽤いPCR検査前処理⼯程の⾃動化を実現しています。
本システムが担う⼯程の品質・精度を確保するため、検査者の作業動作を解析し、クロス汚染を回避するための注意点をシステムに反映しています。加えて、⼆次元コードによる検体管理を⾏い、トレーサビリティを確保します。
MSTはPCR検査サービスを通じ、コロナ禍における国⺠⽣活および経済活動の維持・活性化に貢献していきます。

※COBOTTA®は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

【 PCR検査前処理⾃動化システムの特徴 】

  1. ClassⅡ安全キャビネット内に設置した3台のロボットにより、検査者による前処理作業を忠実に再現

  2. 形状の異なる数種類の検体採取チューブに対応

  3. 3分/検体の処理能⼒(1⽇160検体〜320検体)

  4. メンテナンス性に優れる

  5. 安全キャビネット内に収まる省スペース設計

本プレスリリースはこちらからご確認いただけます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000063157.html

○DSC_0060_1.jpg
○DSC_0035_1.jpg
btn_back.png